読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

doku91’s diary

母の呪縛から逃れたい

お母さん

引っ越しを繰り返して借金をするうちに

首が回らなくなってきた両親は

母の実家に住む事にした

私が小学2年生のときである。

 

それがまた新たな毒を生んだ。

 

たった3ヶ月だった。

 

家を出た。

 

そしてまた家族3人での生活が始まった。

 

母は私を必要としていた。

たった8歳の私に母は両親の愚痴

昔裸足で逃げ出した事、

母は妹と比べられ

辛い人生を送ってきた事。

日々の愚痴。

仕事の事、父の悪口、お金がない事。

 

お母さんにはあなたしか居ないの

 

そう行って泣き付かれた事が何度もある

 

私がお母さんを助けなくちゃ。

8歳の女の子は純粋にそう思うだろう。

 

私は母を笑顔にしようと

冗談を言ったり

踊ってみたり

お母さん大好き

なんか書いた手紙を枕元に置いたりした。

とにかくとにかく家の中では陽気に振る舞った。

 

母の顔色をずっと見ていた。

 

でも母はそれだけでは元気になってくれなかった。

 

母は私に死にたいと言った。

 

私は母にお母さんが死ぬなら私も死ぬ

どこにでも付いて行くよと言った。

 

2人で睡眠薬を飲んだ。

 

直後に私に睡眠薬を吐かせた。

 

母は泣いていた

 

私も泣いた。

 

自分の無力さに泣いていた。

なぜ母を元気にしてあげられないんだ、と。